たったこれだけ、この力を身につければ圧倒的なコミュニケーション力が手に入る

コミュニケーション

こんにちは、部下育成に悩んだ@さとさんです。

後輩・部下との関係うまくいってますか?

なんとなく、
部下・後輩との距離感を感じる
そんな悩みはないですか?

今日は、あなたが、部下・後輩との
コミュニケーションを上手く出来るようになる。
そんな話をしたいと思います。

部下・後輩から頼られるようになる!

あなたが、このブログを読むと、
部下・後輩から頼られて、
とても充実した気持ちになります

そして、会社に行くのが楽しくて、
朝の出勤の足取りも軽くなりますよ。

職場の後輩や、部下があなたが会社に現れると
笑顔で
”おはようございます!!”
とあいさつが飛び交い、

気持ちの良い一日の始まり

なるでしょう。

同僚や、上司からは
”あなたのチームで、いったい
何が起きているのか?”

と聞かれるようになるかもしれません。

もし、この記事を読まずに、今のままだと
なんとなく、陰気な職場の雰囲気は変わらず、
あなたのコミュニケーション力は改善
しないままになるかもしれません。

日本の職場、問題は8割が人間関係!

あなたも感じているように、コミュニケーション
不全が大きな課題になっているようです。

転職支援サービス『エン転職』を展開する
人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン(株)が
ユーザーを1万人を対象に「職場での人間関係」
について、アンケートを実施しまた。

その結果、なんと
・転職経験者の半数以上が
「人間関係が転職のきっかけになったことがある」
と回答。

・8割以上が
「今までの職場で、人間関係に
 難しさを感じたことがある。」

と回答。
 特に難しさを感じた相手のトップは「先輩」。

・職場での人間関係を良くするために工夫
していることは、「相手への理解」、
「仕事以外のコミュニケーションを増やす」。

といった、驚きの結果が出ています。

マジ!!
自分の周り見ているとそうかも??と
感じていたかもしれませんが、
日本中どこも同じ問題がありそうです。

でも、中にはイキイキした職場が存在するのも
事実なんです。

では、いったい何がが違うのか?
どうすれば、あなたの周りがイキイキした
状況になるのでしょうか?

これを身に付けろ!

このノウハウを手に入れると、
コミュニケーション力が飛躍的にアップし、
部下・後輩から慕われ、信頼されます。

あなたが身に付けた方が良いスキルがあるんです。
身に付けて損は無いし、
むしろ身に付けた方が絶対にお得です。

それは。「承認力」なんです。

この承認力には3つのレベルがあります。
この3段階を全てを身につければ
あなたは無敵です。

でも、身につけるのはこの3ステップだけです。
理解すれば簡単!
究極のレベル3を身につければ、
明日から何も恐くありません。

効果絶大、
習得すべき3レベルスキルはこれ!

①結果・プロセス承認
②行動・意識承認  
③存在承認 

順に説明をしますね。

①結果・プロセス承認

これは、難しく考えず、
結果が出たら、ちゃんと認めて褒めましょう!
って事ですね。

つまり、正しい行動の結果として、
成果が出たときは、
ちゃんとその結果を認めて、

直接、あなたの言葉で部下・後輩が出した
結果成果を認めて、おおいに褒めましょうね。

結果だけを褒める・承認するのでは無く、
実際の結果が出た時の、結果・プロセスも
結果と合わせて、認めてあげる事が大事です。

子供の頃を思い出してください。

お風呂洗いをした時、お母さんから

 ”風呂洗いありがとう!”

と褒められた時、
”うん”って、感じですね。

でも

”ありがとうねっ、スポンジ使って、
 ちゃんと洗剤も使って、隅まで
 洗ってくれたんだねぇ。
 ピッカピッカ!、ありがとう”

て言われたらどうでしょう?

結果だけでなく、そのプロセスまで、
認めてもらえると、
より認められたと感じますよね。

そうなんです。
結果だけでなく、そのプロセスも
一緒に認めちゃいましょう!

②行動、意識承認

んっ、なんだか難しそうな言葉が出てきましたね。
行動は良いとして、意識???

そんなの見えないし。
って言葉が聞こえてきそうです。

これは、結果が出なくても、上手くいかなくても
チャレンジした行動を認めて、褒めちゃいましょう。
って事です。これは良いですよね。

さらに言うと、もし実際の行動をおこせなかった
としても、やろうと思った、することを考えた。
つまり、意識しただけでも、認めましょう。
って言うことです。

んっんっ??
結果も出てなくても、褒めるの?
って思うでしょうが、そうなんです。
そうしてください。

例えば、

職場のシュレッダーの前に紙屑が落ちています。
それを見た、部下が
面倒だけど、掃除した方が良さそうだなぁ。
っと思って。掃除機のほうに目をやっている姿を
あたなが見たときに。

”山田くん、良いねぇ。ありがとう。
 掃除しようと思ってくれているのかな?”
って、褒めちゃうんです。

また、会議なので、部下が
”今のこの状況だと、今すぐにでも、ABC社に
 電話して、報告した方が良いと思います。”
と提案をしたとします。

この時点では部下はまだ何もしていませんが、
その考えを認めてあげるのです。

そうです。
結果が出ていなくても、
行動したとき、

さらには、意識しただけでも
それを認めちゃいましょう。

③存在承認 

存在を承認?
何を言うてる???何?

って感じですね。
これは、もういるだけで、認めちゃいましょう。
ってことです。

例えば、
”山田くん!、君がうちの部署に来てくれてよかったよ。
一緒に頑張ろうね”
と言う具合に、そこにいてくれること、
一緒に存在することを認めるのです

もう、いっそのこと
いるだけ、存在するだけでも、
認めちゃいましょう!

承認力を身に付けたら、どんどん使いましょう!

①〜③の承認力を理解したら、どんどん使ってください。


何か伝えたいこと、アドバイスがある場合は、
まず承認するのです。身に付けたノウハウを
最大限に使って、
まず、あなたが部下・後輩を認めましょう。

そうすれば、
本当に伝えたい事が、スムーズに伝わります。
コミュニケーションが
劇的に改善するのです。

 

なぜ、コミュニケーションが改善するのか?

承認力を身に付け、それを実行すると、
なぜ、コミュニケーションが改善するのか?

理由は簡単です。
脳が無意識に作るバリア、つまり
相手に対する警戒心を弱めるからなんです。

考えてみてください。
あなたが、上司に認められている。
そう、結果成果が出ない、なんなら
そこにいるだけで良いよ、と全面的に
まず認められ、承認されていると
したらどうでしょう?

上司に話するのは恐く無いし、遠慮している
バリアが下がりますよね。

そうすると、話しやすくなるのです。
必然的にコミュニケーションが良くなります。

そうなんです。
認められることで相手の

不安がなくなり、会話に対する
障壁が下がります。

あなたは、このノウハウ、承認力を身につければ
飛躍的にコミュニケーション力を
アップする事が可能です。

しかし、このノウハウを身に付けないと、
あなたのコミュニケーション力は
上がることもなく、

部下・後輩との会話は上手くいかず、
職場でのストレスが溜まる一方
になるかもしれませんね。

さあ、今日から始めましょう!

遠慮も気兼ねもいりません。

どんどん、部下・後輩を認めちゃいましょう。

これは部下だけでなく。上司にも使えるし。
家族、嫁さん、子供にも使えます。
使って損はありません。

どんどん、ノウハウ使って、
周りの人を承認してくださいね。
そして、圧倒的なコミュニケーション力を
手に入れてください。