【画像で解説】簡単な半衿の付け方!ぶきっちょさんでもOK

着物

着物好きにとって避けては通れない、半衿付け

結構ニガテな人も多いのではないでしょうか?

「半衿付けって何が必要なの?」
「和裁と洋裁で違う?」

かくいう私もこんな状態でしたが、ついに半衿付けに挑戦してみましたので、まとめます。

この記事では、半衿付けに必要なもの、下準備、実際の手順について解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

必要なもの

  • 半衿
  • 和裁用の縫い針
  • 和裁用のマチ針
  • アイロン
  • 絹糸

和裁用の針は、洋裁用よりも細くて短いです。

洋裁用の針でも縫うことはできますが、針が太いので布地に大きめな穴ができ糸が抜けてしまうことも。

また、長襦袢と半衿のどちらかが絹ならば、糸も絹の方が良いでしょう。

下準備

 

  • 全体にアイロンをかける
  • 両端を2センチ折って縫う

半衿を購入すると折り目が付いています。

折り目をなくすようにアイロンをかけましょう。

いざ、半襟付け!

さっそく縫い付けい貼ります。

STEP1半衿に折り目をつける

両端は1cm、真ん中は2cmの折り目を付けて、マチ針で留めます。

その後、両端から真ん中へなめらかに織り目をつけて、2-3か所にマチ針を留めましょう。

STEP2着物の衿と半衿の真ん中を合わせる

半衿と長襦袢の真ん中をそろえ、マチ針で留め直します。

縫う直前はマチ針だらけ

STEP真ん中から外側へ縫っていく

本来「くけ縫い」という和裁の縫い方をするようですが、私は方法がわからない&付けばOKということで、とりあえず縫ってます。

STEPアイロンで仕上げ

内側も同様に行い、最後にアイロンかけて完成です!

まとめ:半衿付けはまだまだ難しい!!!

完成した写真をみてわかる通り、けっこう縫い目が汚いです…。

もっと練習あるのみですね!

それか、ファスナーで付けられるタイプもあるらしいので、試してみようと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました