仕事は7割でアウトプットする。劇的に仕事の効率が上がって、楽しく仕事ができるようになる方法

自己成長・出世

こんにちは!

仕事は、最初から完璧にしなきゃ!
と思ってた「さとさん」です。

そんなふうにしてると、
仕事減らないですよね。


最近は働き方改革で勤務時間も短くなり、
早く仕事を終わらせないと、

本当にストレスたまりますね。

あ~めっちゃ仕事いっぱい、

早く終わらせたい。

そんな時に使える方法です。

今日は、仕事の完成度を高めると同時に
完了させるスピードを劇的に上げる方法を
説明していきますね。

この記事を読むと
仕事を完成させるスピードが
上がって、

業務効率がアップしますよ。


仕事が早く終わる!!めっちゃ気持ちいい。

溜まっていた仕事がどんどん
終わっていくので、
ストレスが減って、
気持ち良い。

楽しく仕事ができますよ。

仕事を依頼した上司やクライアントからは、
スピードと完成度から、
あなたの仕事ぶりに満足すると共に、
感謝されるでしょうね。

仕事して、感謝されるって、良いですよね。

あなたはうれしくなっちゃいますね。

また、上司とのコミュニケーションが
しっかりできるので、関係も良くなって、
出世が早まるかもしれません

さらに、仕事が早く終わるので、
仕事の後のビールが旨い!

家族とも楽しく夕食を囲めるよう
になりますね。

具体的にどうするのか?
話していきますね。

最後まで、しっかり見てくださいね。

上司やクライアントから依頼された仕事は
100%完成させてから提出すべきだ!

もし、そう思っているなら、
この記事を理解して、考え方を変えれば、
確実に仕事効率アップ
できますよ。

でも、この方法を知らないと、
いつまでも仕事は早く終わらない。

大量の仕事に頭を悩ませてしまう事に
なっちゃうと思います。

完璧でなくていいい、7割完成で早く出しちゃいましょう。

今回紹介するのは、
70%の完成度で仕事を依頼者もしくは、
次の工程に提出する方法です。

仕事は7割の完成レベル
で良いのです。

7割完成したら、そこで次に渡す。
それだけで、
仕事が早く進み、
仕事の質も上がって、
最終的に完成度までUP

しちゃうんですよね。

仕事が完成していないのに、
渡してしまうなんて

無責任だと思ってしまうかも
しれませんね。

でも、それで大丈夫ですよ。

たったこれだけで、
仕事が早く完成へ向かいます。

なぜ、7割の仕事で、上手くいくのか?

早く依頼者や次の工程の人に
あなたの仕事を見せれば、
7割の仕事に対して反応がもらえる。

依頼者の要望との
ギャップを
早い段階で
確認できるんですよね。

7割で渡す狙いは、早い段階で
依頼者の期待とあなたの仕事の
ゴールとのギャップを
確認する事なんです。

ギャップが分かれば
それを埋めて完成させれば
良いのです。

もし、完璧なところまで仕上げて、
仕事を提出すると、
修正必要になると、二度手間で、
かなり時間がかっちゃいますね。

依頼者からすると、
そんなふうに
頼んでないんだけどな~

というように、
ミスコミュニケーションが起き、
関係悪化するかもしれません。

上司やクライアントなど、
仕事の依頼者の期待とのギャップ
を早い段階で確認する事が
この方法の重要な点なんですよ。

だから、
仕事はまず7割で
アウトプット

なんですよ。


もし、7割で一旦渡さずに、
一人で完成まで仕事を抱え込むと、
期待からのズレが発生します。

そうなると、
仕事の手戻りが発生し、
自分の労力のムダから
精神的にもダメージうけますね。


チーム内での仕事の場合、
7割で次の人が見る事で、
早く、ダメだしをしてもらえる。

他のチームメンバの力を借りれる。
チームの一体感も
出るようになりますね。

ポイントは、仕事は自分だけで
持ち続けない、
溜めて悩まないでくださいね。

7割でいいので、
早く次へ渡す。

結局仕事は早く進みますよ。

さあ、やってみましょう。

完璧に仕事をしない。

イメージしてみて
ください!

完成度7割で仕事を
上司に見せる。

アドバイスを早くもらう。

できますよね?

これで明日から仕事が早く終わりますよ。